Z CAMが使われた記事のご紹介

PRONEWS様でZ CAMを使われたレビュー記事が掲載されましたので、ご紹介させて頂きます。PROMES編集部様、カメラマンの伊丹迅様ありがとうございました。


記事はDJI様のRonin 3Dフォーカスシステムのレビューなのですが、カメラは弊社の取り扱うZ CAM E2-M4が使われました。

(ちなみにZ CAMはオートフォーカス機能があり、対応するAFレンズでは自動的にフォーカシングできます。)




Z CAMをRONINやステディカムなどのジンバルに載せた際、非常にバランスが取りやすい点も魅力の1つです。



*写真は弊社のRoninにZ CAM E2-M4を搭載した状態です。


ジンバルに載せた撮影では事前のバランス設定が非常に重要であり、その後の品質に大きく影響します。

Z CAMの設計コンセプトは一般的なDSLAやミラーレス一眼カメラと異なり、ARRIやRED等業務用シネマカメラと同じバランスが取りやすいよう設計されております。


*弊社でよく使われるARRIアレクサmini(奥)、RED MONSTRO(中)、Z CAM E2-M4(手前)


また、撮影スタイルに合わせて必要なアクセサリーを自由に追加し、自由にシステムアップできるのもシネマカメラの楽しみの1つです。ちなみに、私は撮るより組み上げるのが好きなタイプです!



*弊社香港オフィスで実際に貸出しがあったZ CAM E2-F6のシステムアップ例、お客様はCMの撮影でご利用になられました。


Z CAM E2-M4はMFTマウント装着時、本体のみで1kgを切る軽さであり、小型のジンバルとの組み合わせに最適です。また、左右対称のバランスが取りやすい筐体からドローンに搭載して撮影されたお客様もいらっしゃいます。





87回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Z CAM 価格変更のお知らせ

お客様各位 価格変更のお知らせ 素は格別のお引き立て、ご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、ご高承のとおり、コロナ禍に伴う輸送コストの増大と円安に伴う為替差損により、仕入れコストが高騰しております。弊社におきましても、経費削減、合理化に取り組んでまいりましたが、健闘むなしく、従来の価格を維持することが困難な状況となりました。 つきましては、誠に不本意ながら8月1日(日)受注分より下記のとおり価